死語の地層

  • 2009.04.07 Tuesday
  • 15:53
 

BY三木俊哉

ずいぶん昔、死語を集めていたことがある。ごく個人的に、ひそやかにではあるが。

 

たとえば名詞のレベルだと、「飛行場」だとか「写真機」だとか「国電」だとか。フレーズだとそうですね、「じゃ、このへんでドロンいたします」とか「いやぁ、メートルが上がっちゃいまして」とか。昭和がまだ浅いころの小説なんかを読んでいると、「髭でもあたってもらおうか」なんて書いてあって、う〜んと感心すらしてしまう。これは動詞の死語例になるのだろうか。

 

先日テレビで、タレントたちが自分の考える死語を挙げているのを見た。20代と思しき若い人が多かったのだけれど、そこで出されたのはたしか、「ナウい」「チョベリグ」「ヤマンバ」といったあたりだった(ひとりだけ鶴瓶さんが「アベック」と書いていて共感をおぼえました)。こういう言葉はたしかにあまり使われなくなった。でも、私にとっては死語というよりも、目の前を駆け抜けていった言葉といったほうが近い。

 

だからどうこうというのではない。ただ、死語にも地層のようなものがあるのだなぁと感じたしだい。必ずしもひとくくりにはできない。20代の人にしたら、「ドロンします」なんて死語ではなく古語かもしれない。ないしは外国語かもしれない。私は私で、「上層部」の言葉は死語になるまでの賞味期限が短いような気もする。

 

ま、たまにはそれぞれの死語を地面の下から掘り起こして愛でてみるのもよいのではないでしょうか。

 

 

プロフィール

三木俊哉  サイマル・アカデミー 英語翻訳者養成コース講師

企業勤務を経て、主に産業翻訳(英日・日英)に従事。

訳書に『スティーブ・ジョブズの流儀』、『強い会社は「周辺視野」が広い』など。

金融・経済知識の学習法

  • 2009.01.20 Tuesday
  • 17:09

By ショージ マロイ

日英翻訳コース受講生から「どうすれば専門知識が身につきますか?」とよく聞かれます。もちろん、時間の余裕、自分のキャリアなどによって方法はさまざまです。

 

若い方であれば、経済・金融研究所のようなところで、少なくとも数年フルタイムやパートタイムで働くことができればベストの選択だと思います。各種分析レポート(マクロ経済、株式・債券市場、そしてミクロ経済レベルの個別企業など)に触れられるうえ、日本語・英語の両方で翻訳フィードバックと情報を吸収できる最適な環境です。同僚も、すばらしい刺激を与えてくれる貴重な資源となるでしょう。

 

金融・経済業界への就職・転職が難しい場合は、徹底的な勉強をすすめます。経済の基礎的知識が少なく仕事も多忙な方は、まず書店で経済学のわかりやすい入門書を買いましょう。続いて、読みやすい金融入門の本を勉強するといいでしょう。そして、日課として日本経済新聞を読むべきです。日経新聞は内容の質が高く、記事の冒頭には難しい用語の定義があったりしていい勉強になります。

 

こうして、金利動向や債券価格、インフレ・デフレ圧力など表面的には関係のないように見える要因がどうつながっているか、自分自身の生活と一般企業へどう影響するのかが徐々にわかり始めたら、未熟ながらもこの分野の専門家に近づきつつある証拠です。よく知られるS字型学習曲線でいえば、成果の見えにくい準備期(下図A)乗り越えて、発展期(下図B)へと進んだ状態です。

 

ここで強調したいのは、金融・経済分野の優秀な翻訳者になるには、何がどう起こっているかを理解することが最も重要だということです。ですから、最初はなにより自分の母国語で経済の難しい概念を正しく理解することが大切です。そのあとのプロセスとして、流れの良い、論理的な文章への翻訳を考えるべきです。英訳力の強化には、学習が発展期にはいったあたりで、日経の記事をいくつかピックアップし、同じような内容の英文記事をあわせて読むようにすれば、語彙や表現が身につき効果的です。

 

日本語が母国語の翻訳者が英訳したものの中にも、優れた翻訳はあります。それは、何がどう起こっているのか経済のしくみを正確に理解した上で、蓄えた知識に基づきさまざまな概念を的確に表現したものです。こうなればS字型学習曲線の一番上の部分(下図C)に到達したと言えるでしょう。皆さんもそうなれるように頑張ってください!


S字型学習曲線

ショウジ・マロイ サイマル・アカデミー英語翻訳者養成コース講師

イギリス出身。シティ(ロンドン金融街)、兜町(証券)、大手町(銀行)、を経て、語学コンサルタントとして独立。金融、経済、IR(投資家向け広報)について、翻訳や英文編集・作成・校閲などを担当。顧客は日本政府や経済ニュースのメディア、民間の金融機関などを含む。




 

「できる理由」と「できない理由」

  • 2008.11.11 Tuesday
  • 12:31
 

By 大西恵子

数年間、講師として様々な生徒さんの原稿を、そして生徒さんの姿を見てきて思うのですが、何かを始めるにあたり、人には「できる理由」を考えて邁進していくタイプと、「できない理由」を思い浮かべて尻込みしてしまうタイプがあるのではないでしょうか。

私は差詰め、「できない理由」を考えるのが悔しくて猛進してしまうタイプ。1度やろうと決めたら、できない自分の姿を想像するのが耐え難く、普段は自分にけっこう甘い人間なのに、やろうと決めたことに関してはかなりのスパルタぶりを発揮してしまいます。そのせいでオーバーワークになり、弊害が生じることも時にはあるのですが、いい結果に結びつくことも結構あるのです。 翻訳を勉強しようと決意して、サイマル・アカデミーに通い始めた時もそうでした。語学は好きでしたが、英語にそれほど自信があったわけではありません。ですからなおさら、毎回の課題に必死で食らいつくことができたのかもしれません。翻訳という作業の奥深さを知るにつれ、自分の力のなさを思い知り、時には投げ出してしまいたくなることもありましたが、必死に「できる理由」を探しながら、勉強を続けることができました。

そして今もまた、陸上経験など全くなく、昔から走ることが大嫌いだったにも関わらず、マラソンへの挑戦という新たな目標に狙いを定め、猛進する日々を送っております。実際のところ、もうそんなに若くはないので、自分の体とよく相談しながらではありますが。これからいくつになっても、「できない理由」より「できる理由」を探して前進していける人でありたいと思います。そのほうがいろいろなことに挑戦して人生を何倍も楽しむことができそうですから。

例えば英語が好きでスクールに通おうと決めたはずなのに、いざ通い始めると、「仕事が忙しいから」「私には難しすぎるから」「宿題が多いから」など、ついつい「できない理由」を探して自分を納得させてしまう方も多いのではないでしょうか。「できない理由」を探すほうが自分は得意だと思われる方は、1度「できる理由」を探してみませんか。「できる理由」を探すことが少しでも習慣になれば、目標に近づくことも今よりきっと容易くなるはずです。

 

プロフィール

大西恵子サイマル・アカデミー大阪校 翻訳者養成コース(英日)講師

大阪大学を卒業後、流通関連会社の海外部に在籍。英米雑誌の業界記事の翻訳を業務の一部として手がける。その後、ドイツの公立校に日本語講師として勤務。帰国後、塾の講師、メーカーでの勤務の傍ら、サイマル・アカデミーの翻訳者養成コースで学び、現在はフリーランスの翻訳家として活躍。

The life of a freelance translator: Peaks and Valleys

  • 2008.07.08 Tuesday
  • 09:53
By Paul Flint
Freelance translation work is like fire fighting: when the work is there, you do it until its done. No breaks, no weekends. Unlike fire fighting, however, it is not a happy thing when there are no fires to put out. Unless of course, you have just worked three weeks straight and are completely burned out yourself. Then the quiet (and a cold beer) are welcome friends. This feeling may last for a week or two before the anxiety of not having enough work starts to creep in.

The work flow in freelance translation is unpredictable. Unlike many other businesses, there does not seem to be any set business cycle. Looking back over sales statistics, the amount of work varies from month to month, and no year is the same as the last. Other translators and even translation agency owners have said the same thing, so it seems to be an industry-wide phenomenon.

The peaks and valleys can also be self imposed. Many freelance translators choose this profession because of the lifestyle options it affords. If one is not particularly worried about income, one can choose to take a month off and go to Rome. Some translators have been known to work from the road as well. Like nomadic word herders. (This sounds more romantic than practical to me, but I won’t knock it till I try it.) Unfortunately, if your peaks and valleys do not match the customer’s peaks and valleys, bad things can happen. Customers tend to find other people if you do not take their work for a while. And once they’ve gone someplace else, it might be difficult to get them back.

This also seems to be an industry truism: freelance translators are unpredictable. Maybe because of the nomadic impulse and the thrill of greener pastures, maybe because they do not make enough money on which to survive, or maybe because they just lose their minds, translators seem to come and go. To be fair, personnel turn over is a problem faced by all businesses. And as with other jobs, translation work itself may not be the most satisfying work day-in day-out for 20 years. After the translator has mastered her field and is productive enough to live on translation work, things may tend to get a little repetitive. The thrill of getting there goes away once you’ve arrived. And so many translators get involved in other things, which then become more interesting than translating, and off they go into a new career.

Peaks and valleys are a part of life. So it is not possible to completely avoid them, but ideally, the valleys should be just around your minimum survival requirements, or maybe even a little lower. If your highs and lows balance out, then the average can afford you a comfortable life, and you can enjoy those two or three weeks vacation at odd times. I always enjoy traveling in the off season, when prices are cheaper, crowds are thinner, and lines are shorter. If your highs are too high, however, you will find yourself working intensely during the valleys, and really killing yourself during the peaks, and no vacations. If the lows are two low, then the peaks do not make up for the valleys, and you have pecuniary problems, and no vacations.

One way to help smooth this out is to share peaks and valleys with another translator. Your peaks and valleys may be different than your translation partner's peaks and valleys. When the other person’s peaks are too much, you can handle the over flow, which helps to make your valleys shallower. Sharing work means you say no customers less often, which means the customer will most likely keep coming to you. This can also be the beginning of a synergy, in which your cooperative effort produces more than simply your individual efforts added together. It can be a good thing. Working with someone else can also keep you from going nuts in this isolated profession.

Ah! There is that alarm again. I guess this valley is over.

サイマル・アカデミー翻訳者養成コース講師
Paul Flint
通信会社に入社し独学で日本語を勉強。来日して翻訳者となる。
サイマル・アカデミーで「英語が母国語の方のための日英翻訳コース」
を修了後、様々な翻訳実務に従事して経験を積み、翻訳会社「翻訳プラス」を設立。

Translation by the Non-Native Speaker

  • 2008.06.25 Wednesday
  • 20:56
By Paul Flint
Translators should translate into their native language. This is a rule of thumb in the translation business that all professional translators run across, usually early in their career. It is a good, practical rule, because a higher level of quality is almost always ensured when following this rule, and a lower level of quality is almost always ensured when this rule is violated.

It might thus be surprising to learn that this rule is violated to a great degree in Japan, for good, practical reasons. The most pressing reason is that there are not enough non-Japanese translators doing Japanese to language-of-your-choice translation. There are not enough of these people to handle the work load. There are far more Japanese, for instance, who have an acceptable level of English than there are English speakers who have an acceptable level of Japanese. Compounding the situation is the volume of work that needs to be done. Japan has one of the largest economies in the world, requiring that Japan interface with the rest of the business world, a world whose lingua franca is English. This means a lot of translation, and much of the translation has to be done by native speakers of Japanese.

What about quality? Well, quality is not the end-all beat-all of translation, and quality is not an absolute. When evaluating quality, you have to ask yourself, is it sufficient quality for a given purpose? This is engineering logic. A bridge only has to be strong enough to carry a bit more than the expected traffic. Similarly, translation of Japanese to English by Japanese speakers only has to be high enough for a given purpose.

Of course, for the sake of their career and personal satisfaction, any professional should strive to produce the highest quality product he or she is capable of. In the translation business this means studying, tracking down the meanings of idioms and vocabulary, learning the various cultural references that are popular, and in general spending a tremendous amount of time dissecting the language. If you are diligent and dedicated, there is a chance that some day you will write in idiomatic English like a native speaker. It can be done. There are people who achieve a level of fluency that allows them to create publishable work in their second language. It is not easy, or common, but it does happen. Simul is one avenue of study that can help make that happen for you.

サイマル・アカデミー翻訳者養成コース講師
Paul Flint
通信会社に入社し独学で日本語を勉強。来日して翻訳者となる。
サイマル・アカデミーで「英語が母国語の方のための日英翻訳コース」
を修了後、様々な翻訳実務に従事して経験を積み、翻訳プラスを設立。

Tone in translation: True to the tone

  • 2008.02.01 Friday
  • 15:52
By Mick Corliss
As a freelance translator I am offered jobs in a variety of fields. Working in the news media and as a translator has given me a wealth of exposure and insights into different writing. One thing that I have become attuned to through much writing and more reading is the tone of a piece of writing.

A newspaper article will read differently from an instruction manual. Even within a newspaper, a straight just-the-facts news article will differ from a feature piece.

I like to listen to the tone of a story. Something I do--a sort of game—is to see if by listening to the tone of the writer whether I can determine the writer’s gender, nationality, or pick up on any idiosyncrasies.

In writing, something can be formal and bureaucratic, impassioned and punchy or even casual and condescending. As my mom was fond of saying, “It is not what you say, but how you say it.” There is little limit to the nuance, color and connotation that a writer can inject into a piece of writing or translation.

I know that when I have had translate into Japanese, I often struggle to get the right tone. Likewise, this is an issue I see in translations from Japanese into English.

One idea that I have hit upon is that the lexicon for sounding more erudite or academic in English is heavy with vocabulary adopted from French, or that has roots in Latin or Greek. At the other end of the spectrum, much of the colloquial color of language is rooted in shorter Germanic-English words. (A number of factors, including the introduction of Christianity and the Norman Conquest of England contributed to this state of affairs. An overview of this is available at http://en.wikipedia.org/wiki/History_of_english )

The ability of English to act like a sponge and absorb loan words has contributed to its tremendous vocabulary. This in turn offers writers a large choice of words to choose from in writing and translating.

A few examples:

A mountaineer might "ascend" or "climb" a mountain. Either way, he/she will get to the top, but the former sounds a bit more grandiose than the latter. (Note that is ascend is derived from Latin ascendere.)

On the same note, if you make bread you might wait for it to "leaven," or more simply (and more Germanically) "rise" before baking it (see the end of this article for etymological links).

My sense is that the less colloquial words sound more formal and more sophisticated because these are typically learned after the lexicon of daily conversation, so they require more learning—and they sound like it.

Just as English absorbed numerous loan words, Japanese has also adopted a foreign language script (Chinese) that was initially divorced from the life of the common Japanese speaker. Essentially, compound words using Chinese characters sound more scholarly--a concept that I find students readily absorb.

For example, talking to friends you might say that it is hard to stop smoking by saying タバコ(を・が)やめられない, but in more formal or academic language 依存性が高い could fill the same role while sounding more sophisticated.

I find this concept in both languages to be an interesting and a nifty tool to have in my translator toolbox. If the source text is replete with simple, common sounding words, I might lean toward more Germanic-English sounding words in my translation; if it sounds a bit more erudite and/or pretentious, then out with more French-derived words. So, in translating, this is one way to be true to the tone.

http://www.etymonline.com/index.php?search=leaven&searchmode=none
http://www.etymonline.com/index.php?term=rise

サイマル・アカデミー 翻訳者養成コース(日英)講師
Mick Corliss

プロフィール
ピュージェットサウンド大学在学中、早稲田大学に一年留学。卒業後、地方政治などを学び、外国人初正社員としてジャパンタイムズに入社、環境省付き記者に任命される。2002年末よりフリーで翻訳活動を開始。ラジオ・TV出演もある。

心から心へ

  • 2007.04.24 Tuesday
  • 16:29
By 成瀬由紀雄
授業のなかで、わたしが何度も繰り返す言葉があります。「心から心へ」という言葉です。翻訳とはある言語から別の言語へと意味を変換する作業だと考えられているようです。でも、それは違う。翻訳は言葉と言葉をつなぐ作業ではない。それはひとの心と心をつなぐ作業なのだとわたしは信じています。

心と言葉の関係は、根と枝葉の関係に似ています。根に支えられない枝葉が生きていけないように、心に支えられない言葉は生きてはいけません。根が元気であれば枝葉も元気であるように、心が豊かで美しくあれば言葉もまた豊かで美しくあるはずです。

翻訳者の作業とは、まず作者の心にぴたりと寄り添い、ふたつの心をできるかぎりひとつにして、ひとつになったその心を、こんどは読者の心へとしっかりと届ける、そうした作業なのだと思います。この作業をきっちりと行なうには、日本語と英語に精通していること、作者の主張を完全に理解できる知識と教養を持っていること、作者と読者の気持ちを十分に汲み取れる柔らかな感受性を持っていることが必要です。言語力、知性、感受性。この3つの能力を求められるのが翻訳者という仕事。とても難しく、とても面白い仕事です。

翻訳が心から心への作業であると確信したのは、まだ数年前のことにすぎません。それまで数十年にわたって翻訳をやってきましたが、それは第一に生活のためでした。わたしにとって翻訳とはまずなによりも職業であったのです。翻訳業は、いつどこでも仕事ができ、精進さえ怠らなければ何歳になっても現役でいられます。その意味で、とてもよいキャリアです。ですからサイマルの翻訳コースの受講生の皆さんには一人でも多く、翻訳者としてのキャリアを歩んでほしいと願っています。

と同時に、翻訳が人と人をいちばん深い部分でつなぐことのできる仕事だとわかってから、わたしは翻訳をキャリアうんぬんではなく、本当の意味で好きになりました。いまは翻訳をやってきて、本当によかったと思っています。そして授業を通じてこのわたしの心を、できるかぎりきっちりと皆さんにお伝えしていきたい。受講生の皆さん、これからも一緒に頑張って勉強していきましょう。


成瀬由紀雄
サイマル・アカデミー 翻訳者養成コース講師

プロフィール
商社勤務、高校の英語教師、編集業務などを経て、フリーランスの産業翻訳者に。サイマル・インターナショナルの英日翻訳にも従事している。


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

サイマル・アカデミー ウェブサイト

Facebook更新中!

Facebook_2.jpg

サイマル翻訳ブログ

サイマル・インターナショナル翻訳部が翻訳にまつわる裏話やお役立ち情報を更新中です!ブログはこちらから

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM