英語と私(5)

  • 2010.01.05 Tuesday
  • 10:54
By冨永正之 

通訳は翻訳とは異なり瞬間芸ですので、当然完成度は低くなるのはしかたがないと思います。とはいって不正確でもしょうがないと開き直れということではありません。完全主義では神経が参ってしまいますからある程度不完全さを受け入れる鷹揚さが必要だろうということです。要は不完全といっても程度問題で、完璧ではなくても出来るだけ正確を期すよう最善を尽くすしかないと思います。

 

翻訳書の誤訳を扱った本を何冊か読みましが、舌鋒鋭い批評は痛快で面白い反面、多少違和感を覚えます。他人のあら捜しは簡単で、余り揚げ足をとったり、重箱の隅をつつくような批評はどうかと思います。しかし翻訳書には確かに相当ひどい誤訳もあるようす。通訳と比べて、翻訳は時間の余裕もあり、辞書や参考文献を調べ、訳文を推敲する余裕もあります。その翻訳でもかなり誤訳があるのですから、通訳、特に同時通訳で誤訳が生じるのはしかたがないといえるでしょう。以下に私の記憶に残っている恥ずかしい誤訳をあげてみます。

 

日本語に多い同音異義語の取り違え ― 転向を天候と混同; 性交を成功と混同; 

 

同音ではないが音が似ているための取り違え ― 銃社会を自由社会と聞き違え

 

アメリカ人講師が、Communism is “バックシャン、といったのですが、“バックシャン”という日本語がわからず、聞き直してしまった。

 

同時通訳を始めたばかりの頃、講師が “A camera does not lie.”と言ったのですが、どう血迷ったのか「カメラは横たわらない」と訳してしまいました。気がついたのですが同時通訳だったので後の祭りでした。またマンスフィールド大使が就任後初の記者会見で開口一番、”I am the new kid on the block.  Shoot.”と発言しました。当時すでにかなり高齢だった大使が、kidと言われたのに面食らい、そのコントラストを訳出しようとして一瞬絶句し、「私は自分をまだ小僧だと思っているのですが質問をしてください」というようなことを言ってしまい、翌週のタイム誌にそれが載ってしまいました。「私が新任大使です。質問をしてください。」とでも訳しておけば無難だったのでしょうが。

 

以上は氷山のほんの一角で、実際には通訳をする度に、大小の間違いを無数にしてきたと思います。しかし不思議なもので思い出せません。嫌なこと、辛いこと、恥ずかしいことは忘れてしまうというのが人間の自己防衛策なのかもしれません。すべての嫌な記憶を引きずって生きていくのは苦しいですから。

 

2004年8月に定年を迎え、34年に亘る米国大使館でのご奉公をなんとか無事に終えることができました。英語圏での留学や生活をしたことのない私が、曲がりなりにも通訳者として米国大使館で定年まで勤められたのは不思議な気がします。周りの方々のご支援、ご指導、また寛容さの賜物だったと感謝しています。

 

2004年8月に米国大使館を退職してからの英語との関わりですが、地元の市立図書館に若干洋書が備えてあることを知り、時間の許す限りほぼ毎日図書館で英語の本(主にフィクション)を読んできました。ジャンルを問わぬ乱読ですが、週に1〜2冊のペースでこれまでに360冊ほど読みました。また2008年春から家の近くのTSUTAYAで主にアメリカのテレビドラマや映画のDVDを借り始め、これまでに400本ほど観ています。読書をしていてもDVDを観賞していても、自分の英語力の貧弱さを絶えず痛感している今日この頃です。

 

次回は最終回で、サイマル・アカデミーとの関わり、通訳者を目指す皆様への私の願いなどを書いてみます。

 

 

プロフィール

冨永正之
1997年よりサイマル・アカデミー通訳者養成コース・同時通訳科講師

青山学院大学英米文学科卒業。在日米陸軍司令部、日本航空機製造で勤務後、1970年から2004年まで在日米国大使館広報・文化交流局で通訳官として勤務し、米政府高官、駐日米国大使の通訳や、民間の専門家を招いてのセミナー、講演会などの通訳を務める。

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

サイマルアカデミー ウェブサイト

Facebook更新中!

Facebook_2.jpg

サイマル翻訳ブログ

サイマル・インターナショナル翻訳部が翻訳にまつわる裏話やお役立ち情報を更新中です!ブログはこちらから

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM