他人事の話

  • 2009.08.25 Tuesday
  • 12:05
 

BY三木俊哉

問題です。「他人事」と書いてなんと読みますか?

 

最近、テレビやラジオでは「たにんごと」という発音?がよく聞かれる。アナウンサーもタレントも区別なくそう言っている気がする。個人的には「たにんごと」と聞くたびに少し違和感をおぼえる。私はどうやら「ひとごと」派らしい。「ひとごとじゃないぞ」と脅されたら身も引き締まるけれど、「たにんごとじゃないぞ」と言われてもあまり引き締まらない。

 

調べてみたら、ちゃんと議論があるようだ。

 

《もともと「他人(たにん)のこと」を意味する語・ことばには「ひとごと」という言い方しかなく、この語に戦前の辞書は「人事」という漢字を主にあてていた。ところが「人事」は「じんじ」と区別できないので「他人事」という書き方が支持されるようになり、これを誤って読んだものが「たにんごと」である》(NHK放送文化研究所のHPより)

 

なんだか納得。「ひとのことはほっといてくれ」という話し言葉を書き言葉にするとき、「人のことはほっといてくれ」とするのに微妙なためらいを感じるのは、これに通じるのではあるまいか。かといって「他人のことは」と書くのも、そのまま「ひとのことは」と書くのもしっくりこない。厄介ですね。

 

ついでになんの脈絡もなく思い出したのだが、「人気のない公園」というのも厄介といえば厄介だ。「にんき」なのか、それとも「ひとけ」なのか? まあ、厄介だからこそおもしろいのかもしれません、何ごとも。

 

プロフィール

三木俊哉 サイマル・アカデミー 英語翻訳者養成コース講師

企業勤務を経て、主に産業翻訳(英日・日英)に従事。

訳書に『スティーブ・ジョブズの流儀』、『強い会社は「周辺視野」が広い』、

『完全網羅 起業成功マニュアル』など。

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

サイマルアカデミー ウェブサイト

Facebook更新中!

Facebook_2.jpg

サイマル翻訳ブログ

サイマル・インターナショナル翻訳部が翻訳にまつわる裏話やお役立ち情報を更新中です!ブログはこちらから

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM