サイマル修了生 森田さんの翻訳書が出版されました!

  • 2018.10.10 Wednesday
  • 16:41

サイマル・アカデミー翻訳者養成コース 出版翻訳を修了された森田和子さんの翻訳書「サノクス令夫人 コナン・ドイル・ストーリーズ2」が出版されました!

初めての単独本出版に際し、大変だったことや授業で役立ったことなどエピソードを教えてもらいました♪

 

 

〜〜森田さんからのメッセージ〜〜

 

シャーロック・ホームズシリーズで知られるコナン・ドイルは、他にも多くの著作があり、その中から「恐怖」にスポットを当てて選んだ短編集が、今回の作品です。現代風に言えばSFや超常現象、人間の心の奥底に潜む魔物などを描いた6編からなり、以前にも訳されたことのある復刻版です。
今から100年ほど前に書かれた作品のため、英文が古風で少々まわりくどく、読解にかなり苦労しました。また、若い読者にも抵抗なく読んでいただける現代的な日本語を使いながら、当時の雰囲気が出るような訳文を心掛けたのですが、なかなか難しかったです。
わたしはとりたてて英語が得意なわけでもなく、サイマルで翻訳の勉強を始めるまで英文の原書を1冊も読み通したことがなかったのですが、先生方の熱心なご指導とクラスの楽しい雰囲気に惹かれて、学習を続けることができました。中でも、事前に提出した課題を先生方が懇切丁寧に添削してくださり、誤訳の訂正はもちろん、生徒の訳を生かしつつより良い日本語に直してくださったのが、大変勉強になりました。また、主にインターネットを利用した様々なリサーチのテクニックを教えていただいたのも、とても役に立ちました。
本1冊を訳すといっても、翻訳そのものはクラスの課題の延長だと思いますが、大きく違うのは訳す量です。この作品は決して長くないとはいえ、課題で訳す分量よりはるかに多く、自分で決めたノルマを毎日きちんと訳していくのが大変だったというのが、正直な気持ちです。
今回、運よくこのような作品を訳す機会が与えられ、無事に訳し終えることができたのは、先生方に翻訳の「いろは」から教えていただき、同じ間違いを何度繰り返しても根気よくご指導くださったおかげです。この場を借りて、あらためてお礼申し上げます。

 

 

人間にとって最も恐ろしい存在は、人間自身にほかならない。
名探偵シャーロック・ホームズの生みの親、コナン・ドイル。

晩年に自ら編みなおした短編集『コナン・ ドイル・ストーリーズ』より、

恐怖を題材にした6短編を収録。
人間心理に通暁しているドイルの手にかかると、

恐怖小説は単なる恐~い物語ではすまなくなる。
 

 

 

森田和子

サノクス令夫人 コナン・ドイル・ストーリーズ2

柏艪舎


【プロフィール】
慶応義塾大学文学部独文学科卒業。銀行勤務、日本語学校講師を経て、翻訳の勉強を始める。
インターカレッジ札幌第5回翻訳コンクール、最優秀賞受賞。本書が初の単独翻訳出版。
2010年サイマル・アカデミー出版翻訳コースワークショップを修了。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

サイマル・アカデミー ウェブサイト

Facebook更新中!

Facebook_2.jpg

サイマル翻訳ブログ

サイマル・インターナショナル翻訳部が翻訳にまつわる裏話やお役立ち情報を更新中です!ブログはこちらから

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM