「英語ネイティブ翻訳者が教えるメディカル・ライティングセミナー」参加者の声

  • 2017.12.11 Monday
  • 16:49

11/11(土)大阪、11/19(日)東京で、「英語ネイティブ翻訳者が教えるメディカル・ライティングセミナー」を実施しました。

 

【第1部】  講師:野口ジュディー

「論文の書き方―コーパスやウェブツールを利用して」

 

【第2部】  講師:Lee Seaman

「Global English for Medical Writing: Building the Methods and Results Sections From Clinical Study Data」

 

>セミナーの概要はこちら

 

医薬系文書を理解し、効率的・効果的に書くためのアプローチやツールについて紹介した今回のセミナー。第1部では野口ジュディー先生が「コーパスを駆使した医薬系ライティングのコツ」、第2部ではLee Seaman先生が「治験総括報告書(CSR)を教材とした、誰にでもわかりやすい英文ライティングのコツ」についてお話しいただきました女女

 

 

 

当日参加いただいた方の声をご紹介しますひらめき

 

聞き耳を立てる参加者の声見る


・コーパスはとても興味深く参考になる。論文の書き方の手順がわかりやすくまとまっていた。相手に通じる論文が大事だと気付いた。

・有用なWebサイトの紹介があり、論文の書き方の流れが非常によくわかった

・講師お二人とも内容が濃かったし、学ぶものが多かった。ジュディー先生は多くの例を挙げ、多くのサイトをおしみなく出してくださった。Lee先生は実際に訳す、訳例、ブラッシュアップがあり、実践的だった。

・講義と演習のバランスが取れていて大変わかりやすく、実践的な内容で仕事をする上でもすぐに活かせるもので参考になった。

・他の翻訳学校では教えてもらえなかった内容が多かったので大変満足です。

・仕事でCSRのReviewをすることがあるので、どのような観点で見るべきか参考になった

・コーパスは目からうろこでした。

・これまでに気になっていたトピックについて、様々な角度から確認、学習することができた。今後の学習はもちろん、実務においても応用可能な内容が多く、有り難かった。

・「優れたメディカル・ライティングとは」について、わかりやすく示していただけた。

・日英の具体的な(方法、注意すべきところ)が紹介され、またPracticeの時間もあり勉強になったし、自主学習のヒントになった

・実際のライティングにセミナー内で取り組んでみて、先生の例と異なり、自分の文章が改めて長くて分かりにくいことに気がづいた。

・これまでコーパスを使っていなかったことを大変後悔しました。

・自分自身は製薬会社で今後文章作成をしていく予定ですが、今日学んだ「分かりやすい/伝わりやすい訳し方」はイコール「分かりやすい(日本語)資料の作り方」と「訳しやすい(日本語)資料の作り方」になると思いました。

・これまでGoogle Scholarでひとつずつ調べていた共起表現などをコーパスによって効率的に学べると感じました。

・査読者や読者に訴えかける文にするには、どのような英文を構成すれば良いかなど、メディカル・ライティングのコツが少しつかめました。

 

 

ご参加いただきました皆様、ありがとうございました!!

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

サイマル・アカデミー ウェブサイト

Facebook更新中!

Facebook_2.jpg

サイマル翻訳ブログ

サイマル・インターナショナル翻訳部が翻訳にまつわる裏話やお役立ち情報を更新中です!ブログはこちらから

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM