2015年12月5日実施 【大阪校】通訳者養成コース卒業生特別講演

  • 2016.02.24 Wednesday
  • 13:26
2015年12月5日(土)にサイマル・アカデミー大阪校で通訳者養成コース在籍生を対象とした卒業生特別講演会を開催しました。

blog_1.png 講師:山内純子さん
 2013年3月同時通訳科(現:会議通訳科)修了。
 現在は商談会や交流事業での通訳、要人のアテンド通訳業務、テレビ局での通訳など幅広い分野で活躍。



40分という限られた時間の中で山内さんがどのように通訳者としてステップアップしていったか、普段仕事の前にどのような準備をしているか、そして日ごろ行なっている通訳訓練や勉強法などについてお話してくださいました。

■ 準備の仕方
通訳コーディネーターから案件に関する資料をもらうのはもちろんですが、それ以外にも通訳をするスピーカーの会社名・部署名・役職名なども教えてもらうようにしているそうです。部署や役職などを知ると、その人がどのような仕事をどんな立場で行なっているか分かるようになり、より準備がしやすくなります。
通訳者といえば、みなさん作成する単語リストがあります。山内さんもパソコンや手書きで単語リストを作成しますが、実際の通訳現場ではそれを見る余裕はありません。そこでスマートフォンやボイスレコーダーに単語リストの単語を日本語・英語の両方で吹き込み、それを聞きながら通勤したり、馴染みがない分野ではホームページに載っている会社概要や製品の概要についても吹き込んで、心の中で同時通訳をし、頭の中にたたき込んでいます。
 
blog_2.png


■ 普段の勉強・トレーニング
サイマル・アカデミーの通訳者養成コース受講時は、授業の予習・復習がトレーニングとなっていました。
その他には、新聞を読んで分からない単語を日本語・英語の両方で調べたり、社説の音読やサイト・トランスレーションをしています。また、CNNやBBCなどの英語ニュースや1日1回TEDを視聴するなど、常に英語に触れる環境を作っています
「シャドーイングが大好きなので、仕事の合間やイライラした時など気分転換にシャドーイングをしています」という言葉が印象的でした。


■ 山内さんからのメッセージ
海外経験がなく、純日本人の私はむしろ英語にコンプレックスを持っていましたが、様々な企業の通訳をするうちにある思いが芽生えました。
それは、「どんなに小さなものやサービスでも、それに携わる人たちは、それぞれに思いを持って仕事をしている。私が通訳をすることで言葉の壁を払い、そんな思いを忠実に伝えられるようになりたい」ということです。
そのためには、日々の勉強を怠ったりせず、苦手な分野でも意識的に興味を持って好きになるようにしています。

準備が苦にならない、と語っていた山内さん。通訳をする企業のために誠心誠意を尽くしている姿が伺えるセミナーでした楽しい

旗 サイマル・アカデミー通訳者養成コースとは?
旗 2016年4月コース受講生募集中!

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

サイマル・アカデミー ウェブサイト

Facebook更新中!

Facebook_2.jpg

サイマル翻訳ブログ

サイマル・インターナショナル翻訳部が翻訳にまつわる裏話やお役立ち情報を更新中です!ブログはこちらから

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM