2011年9月11日開催 『通訳者への道』 アフターレポート

  • 2011.10.12 Wednesday
  • 17:54
9月11日(日)に無料セミナー『通訳者への道』を開催し、多くの方々にご参加いただきました! サイマルのスタッフより、アフターレポートをご紹介します★

◆通訳者への道◆※逐次通訳デモ付き
1112011224_9542.jpg講師:土谷 ふみ(会議通訳者)
<講師プロフィール>
慶應義塾大学法学部法律学科卒業。当校で通訳訓練を受け、米国大使館経済部を経て、フリーランスの通訳者に。
法律、IT、経済などの分野で会議通訳者として活躍するかたわら、CNNニュースなどの放送通訳者としても活躍中。
2002年秋より当校通訳者養成コースの講師を務め、現在、同コース入門科講師として後進の指導にあたっている。



▼スタッフによるアフターレポート▼

今回の講師は、プロ会議通訳者・通訳者養成コース入門科講師の土谷ふみ先生。一見すると柔和でかわいらしい印象の先生ですが、会議通訳者・CNNの放送通訳者として活躍する一方、サイマルの講師も務めながら、子育てまでこなすかっこいい女性です。

効果的な英語の勉強法から、どうやって通訳者になるのか、そして女性としては気になる“家庭との両立”について、どれもご自身の経験を交えながらアドバイス満載の講義をしてくださいました。

『どうしたら英語を話せるようになるのか?』
−おすすめの勉強法として開口一番にあがったのは、「シャドーイング」です。恥ずかしながら、今までシャドーイングを試したことがない私は、その効果についてイマイチ理解していなかったのですが・・・ 「シャドーイングは毎日行なってほしいです。音源は様々ですが、海外ドラマは楽しいですよ。ニュースに比べると英語のスピードも早すぎず、脚本も素晴らしい。辞書に載ってないような表現も学べます。」 特に、発音が苦手だったり英語が話せない人にはオススメの勉強法とのこと。(ニュースは早すぎて無理と思っていた私は、今流行りの海外ドラマで試してみたいところです。)
「でもやり過ぎは逆効果。10〜15分くらいがちょうど良いです。イヤホンのボリュームも大きくしすぎないで・・」と、シャドーイングをする際のコツもまさに目からウロコです。
1112011224_1386.jpg

エージェントへ登録しフリーランス通訳者として活躍しながら、仕事と子育てを両立してきた実体験はとても興味深く、次から次に出てくるこぼれ話に私も参加者も興味津々。子育てと通訳では頭の切り替えに一苦労、とのことですが、勤務時間を選べる=子供の発表会や運動会の日は空けることもできるというメリットもあり、親としては比較的自由がきく仕事のようです。
「でも通訳者の9割は女性。その中で子供をもつ方はたくさんいますし、働きたい曜日・時間帯などの希望条件もほぼ同じです。だからこそ、いかに自分のセールスポイントを築くのかが大切なのです。」
と言う先生は、職務経歴書の書き方やアピールすべき(できる)ポイント、通訳者としてのマナーなど・・・大手エージェント1社につき800人ほどいるというフリーランス通訳者の中で、自分のブランドを築くための方法を次から次へと披露してくださいました。

「通訳者をめざす方の多くは英語が得意ですが、通訳者との差は大きいもの。その差を埋めて、いかに“プロ通訳者”へ導くかが講師の務めです。皆さんには、『クライアントの力になりたい』という強い使命感をもった通訳者になって欲しいです。」 まさに、土谷先生の優しい人柄と、講師としての熱意があふれるセミナーでした。途中、参加者を指名しながら英語訳・日本語訳をしてもらうなど、アットホームな雰囲気であっという間の1時間半。通訳者の裏話や意外な姿を垣間見ることができ、とても楽しく聴講できました。

サイマル・アカデミーのセミナー「通訳者への道」は、年に2回ほど開催しています。今回はご参加いただけなかった方々も、次回はぜひ無料セミナーへお越しください四葉のクローバー

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

サイマルアカデミー ウェブサイト

Facebook更新中!

Facebook_2.jpg

サイマル翻訳ブログ

サイマル・インターナショナル翻訳部が翻訳にまつわる裏話やお役立ち情報を更新中です!ブログはこちらから

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM