Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>
サイマル・アカデミー   ウェブサイト
Facebook更新中!
Facebook_2.jpg
サイマル翻訳ブログ
サイマル・インターナショナル翻訳部が翻訳にまつわる裏話やお役立ち情報を更新中です!ブログはこちらから
New Entries
Category
Archives
Profile
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
2015年9月6日開催 『通訳者・翻訳者への道』 アフターレポート
サイマル・アカデミーでは、定期的にセミナー「通訳者への道」「翻訳者への道」を開催しています。 こちらでは9/6(日)に開催された『通訳者への道』についてレポートします。

★同時開催『翻訳者への道』アフターレポートはこちら

matsusita_1.png講師:松下 佳世(会議通訳者、サイマル・アカデミー講師)
米コロンビア大学ジャーナリズム大学院修了。朝日新聞のニューヨーク特派員などを経て、サイマル・アカデミー通訳者養成コースで学ぶ。修了後、サイマル・インターナショナルの専属通訳者を経て、2014年4月からフリーランスに。2014年9月からは国際基督教大学の准教授として通訳学などを教えている。
サイマル・アカデミーインターネット講座『基礎から始める通訳トレーニング-通訳訓練法と実践演習-』講師



現在、松下さんは会議通訳者として活躍する傍ら、大学で後進の育成にも力を入れていますが、通訳者に転身する前は新聞記者でした。多忙な記者生活を続ける中、
「自分なりのスキルを身に付けることによって、会社に頼るのではなく自分の力で切り開いていきたい」
と感じるようになり、たまたま本屋で手に取った小松達也先生の『通訳の技術』という本がきっかけで、通訳者になることを決めました。

◆通学=通訳者デビューへの近道
社内通訳やフリーランスで通訳をするにもまずは経験が必要。そのためには通訳学校に通い、修了後通訳者としてエージェントに登録するのが最も効率的、と考えた松下さんは2010年4月からサイマル・アカデミーに通い始めました。

通訳学校の都市伝説?
通訳学校では、実力があっても下のクラスからスタートしたり、修了までに何年もかかるのでは?と思う方も多いと思います。しかし、松下さんは同時通訳科(現在は会議通訳機砲らスタートし、1年で修了されました。
「入学試験を受ける日のパフォーマンス次第で入るクラスが決まり、修了するまでの時間は人それぞれ。すべては自分次第です。」

通学中の予習・復習
【予習】使用教材に出てくるスピーカーのことやその他情報を出来る限り調べるので、費やす時間は授業時間の3、4倍くらいだったそうです。時間をかけることによって、自分は準備が足りなくてできないのか、通訳技術が足りなくてできないのかがよくわかるのだとか。
【復習】松下さんは授業終わりにクラスメートと自主的に勉強会をしていたそうです。その勉強会では、授業の復習だけでなく、スピーカーを決めてその人の通訳をしたり、発音をチェックしてもらったり。
自分で調べて話すと知識が定着するので、一人で黙々と勉強するより周りと協力する方がよい」とクラスメートの大切さを語っていました。
matsusita_2.png

何よりも日々の隙間時間を予習・復習などに費やし、通学をおろそかにしないことがポイント。予習ができなくて、授業中に恥をかいたらその分「悔しい、がんばろう」と思えるのも通訳者に大切な資質の1つです。

◆おすすめの通訳訓練方法
音声を聞きながら訳出をする同時通訳では、スプリットアテンション(同時に2つのことに注意を向ける)力が必要になります。音声を聞きながら、内容(幹)を取るための練習としておすすめなのでが『カウントバックワーズ』です。
〔したい音声・動画を用意(日本語でも英語でも)
音声・動画を聞きながら、それとは逆の言語で500から数を逆に数える
【例】英語のスピーチを耳で聞きながら、口で「500、499、498…」と数える

口に負荷がかかった状態で、耳で聞いた情報を後で正しくサマライズできるかどうかを見る訓練です。さらに自分のパフォーマンスを録音すると、自分が止まって音を聞こうとしていたり、きちんと数を数えられなかったりすることがよく分かるそうです。

その他に松下さんが日々実践している訓練法として、シャドーイングスピードの早い英語ニュースの英語音声を聞いて、どこまで訳してついていけるか、などを行なっています。


最後に「松下さんが思う通訳者の適性とは?」という質問に以下のように答えてくれました。
「まず、適性がないとわかったら通訳者にならないのか、自分に問いかけてください。それを乗り越えてまでやりたいのかどうかです。熱意ですべてを乗り越える方もいらっしゃいます。すべては努力次第です。

その他にもこれまで携わってきた通訳の仕事内容や、その準備方法など様々なお話をしていただきました。新しい世界に飛び込むには勇気がいりますが「熱意を持って取り組み、努力することが大切」という松下さんの言葉に背中を押された方も多かったのではないかと思います。

楽しい参加者の声
・内容の濃さもさることながら熱意にあふれたお話に感動した
・準備のコツ・練習方法等が役立ちました。全体的に、実例をたくさんあげて下さり、とても分かりやすかったです
・一番良かったと思うのは自分が通訳者になるとしたら、どんな人になり、どんな仕事と人生になるかというイメージを抱けたことです。通訳の種類、内容、取り組み方、目指す方向性への説明が分かりやすく聞けました。

ビデオ セミナーの様子はぜひ動画でご覧ください ビデオ


早送り 前回の「通訳者・翻訳者への道」(2015年2月11日開催)はこちら
旗 サイマル・アカデミーの通訳者養成コースについて
 
posted by: サイマル・アカデミー | 「通訳者/翻訳者への道」アフターレポート | 17:42 | - | - |-