2015年7月8日実施 翻訳キャリアアップ・セミナー アフターレポート

  • 2015.07.31 Friday
  • 17:56
去る7/8(水)に翻訳者養成・産業翻訳コースの受講生の方を対象に、『キャリアアップ・セミナー』を開催しました。

サイマル・グループ翻訳部門の元コーディネーターが、現場での経験を踏まえながら、下記の事柄を中心にお話ししました。

1. サイマル・グループが提供する翻訳サービス(請負/派遣)
2. リンクトランス・サイマルの翻訳者登録までのステップ
3. 翻訳業界の仕事(受注から納品まで)のサイクル
4. 実務で求められる翻訳者のスキル
5. 翻訳会社が理想とする翻訳者

今回はこの中から、「実務で求められる翻訳者のスキル」の一例をご紹介します。
※ここでは、サイマル・グループの翻訳会社である、(株)リンクトランス・サイマルでの条件を基準にしています。

えんぴつ 翻訳作業の速さ
翻訳の質と同様、実務では必ず作業の速さも求められます。リンクトランス・サイマルでは、登録翻訳者の皆さんに求める1日の作業量を、英日なら5枚/200ワード(1,000ワード)、日英なら5枚/400字(2,000字)を目安にしています。お客様に提示する納期も、この目安を基準に計算します。1日に5枚以上を処理できないと登録できない、というわけではありませんが、実務では一定水準の質と速度を保てる方がより有利と言えます。

パソコン Officeソフトの基本的な操作
実務ではWord、PowerPoint、Excelなど様々なファイル形式の翻訳依頼が来ます。基本的に原稿に翻訳を上書きして納品しますので、翻訳者の皆さんにも上書きして戻していただくことが多いです。そのため、これらのOfficeソフトの基本的な扱い方を把握しておく必要があります。なお、Wordに次いでご依頼が多いのがPowerPointの翻訳です。PowerPointではテキストボックスへの上書きなど、Wordよりも細かい作業が発生しますので、事前に慣れておくことをお勧めします。

四葉のクローバービジネスの基本的な知識
リンクトランス・サイマルでは、金融・経済・法律・人事・広報・マーケティングなど、多種多様な内容の原稿を取り扱います。そのため、一般的なビジネス知識が無いと原稿の内容を理解できず、適切に翻訳できないケースが出てきます。常に新聞などで政治・経済などの動向を追って、ご自身がお持ちの情報を更新されることをお勧めします。なお、金融や経済など、ある特定の分野の専門的な知識と経験をお持ちの場合、それを翻訳実務に活かすことができます。

プロの現場では翻訳スキル以外にも、求められるスキルや素養が色々とあります。実際にプロとして第一線に立ってからも、多くの翻訳者さんが日々勉強されています。今後もこのようなセミナーを定期的に開催して、普段あまり聞く機会のない翻訳業界のお話を皆さんにご紹介していきたいと思います。

キャリアアップについてご質問やご相談がございましたら、いつでもお気軽に事務局にお問い合わせください。
皆さんの学習をしっかりとサポートさせていただきます楽しい

旗 サイマル・アカデミー翻訳者養成コースって?
旗 10月コース・夏期プログラム受講生募集中!
 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

サイマル・アカデミー ウェブサイト

Facebook更新中!

Facebook_2.jpg

サイマル翻訳ブログ

サイマル・インターナショナル翻訳部が翻訳にまつわる裏話やお役立ち情報を更新中です!ブログはこちらから

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM