「の」の有無

  • 2011.01.12 Wednesday
  • 19:08

 

BY三木俊哉

 

以前、「を」の有無について、ここで考察(というか煩悶)したことがある。たとえば「散歩をする」なのか「散歩する」なのか――。で、今回は「の」の有無である。さっそく次の例をご覧いただきたい。

 

1. (a) アフガニスタンの歴史 (b) アフガニスタン歴史

2. (a) アフガニスタンの略史 (b) アフガニスタン略史

 

1の場合は(b)だとなにかヘンだ。でも、2の場合は(a)(b)も許せるような気がする。なぜか? わからない。「を」の有無のときは、あってもなくてもよさそうで悩ましかったのだが、今回は、「の」がないとヘンだというのがあって、それが1(b)である。でも、2(b)はなぜか問題なさそうである。次はどうか?

 

3. (a) 仕事のスタイル (b) 仕事スタイル

4. (a) 業務のスタイル (b) 業務スタイル

 

これも3(b)だけがヘンではなかろうか。さっきは前半の「アフガニスタン」が共通で、今度は後半の「スタイル」が共通。いずれにせよ、ひとつだけ不自然なのである。共通部分はべつにカタカナでなくてもかまわない。

 

5. (a) 病気の対策 (b) 病気対策

6. (a) 疫病の対策 (b) 疫病対策

 

やはり5(b)がなんとなく妙な気も。なぜだろう? でも待てよ。「バラの病気対策」だったら大丈夫そうだ。3(b)も「私の仕事スタイル」だったら許せそうな……。

 

ではしかし、1(b)はどうか。「アフガニスタン歴史」が許せる文脈があるか? 「アフガニスタン歴史探訪」とかだったら、NHKの番組タイトルでありそうだ。う〜ん、だからどうなのだろう。なんだか、そもそもが有意義な発問ではないような気もしながら、日は暮れてゆきます。

 

プロフィール

三木俊哉 サイマル・アカデミー 英語翻訳者養成コース講師

企業勤務を経て、主に産業翻訳(英日・日英)に従事。

訳書に『アル・ゴアからのメッセージ』、『完全網羅 起業成功マニュアル』

『スティーブ・ジョブズの流儀』など。

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

サイマルアカデミー ウェブサイト

Facebook更新中!

Facebook_2.jpg

サイマル翻訳ブログ

サイマル・インターナショナル翻訳部が翻訳にまつわる裏話やお役立ち情報を更新中です!ブログはこちらから

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM