先生の小沢

  • 2010.03.02 Tuesday
  • 10:00

BY三木俊哉 

民主党が衆議院の選挙で勝った翌日だったか翌々日だったか、あるテレビ番組に若手の当選者がたくさん呼ばれていた。その多くが俗にいう「小沢チルドレン」である。うちひとりが「小沢さんのことをどうお思いですか?」と訊かれて、こう答えた。

 

「小沢先生は尊敬すべき方です」

 

細かくはちがうかもしれないけれど、少なくともその議員がたしかに言った箇所は「小沢先生」である。そう、先生。これはなにも今回にかぎらない。老若男女いろいろな議員さんが、同じ議員のことを「先生」と呼んでいるのをテレビやラジオで耳にする。

 

私は前からこれが苦手である。違和感がある。たとえば会社に勤めている人なら、社長に直接呼びかけるときは「小沢社長」だとしても、第三者に対して社長のことを言うときは「社長の小沢」が当たり前だ。

 

「小沢社長は尊敬すべき方です」

 

と、その会社の人間が第三者に向かって発言することはふつうない。

 

「社長の小沢は尊敬すべき人間です」

 

だろう、やっぱり。

 

ならば、民主党の議員諸氏も「代表代行の小沢は――」だとか、いまなら「幹事長の小沢は――」だとか言ってほしい。いや、こうなったら「先生の小沢は――」でもいい。

 

「先生の小沢」はヘンかもしれないけれど、理屈?としてはそうなる。どうしてもヘンだとしたら、それはお互いに「先生」と呼びあっているのがそもそもヘンだからかもしれない。だったらもう、ただの「小沢」でいいのではないか。

 

「小沢は尊敬すべき人間です」

 

いちばん伝わるような気がします。(中身はともかく言葉づかいとしてね)

 

 

プロフィール

三木俊哉 サイマル・アカデミー 英語翻訳者養成コース講師

企業勤務を経て、主に産業翻訳(英日・日英)に従事。

訳書に『アル・ゴアからのメッセージ』、『完全網羅 起業成功マニュアル』

『スティーブ・ジョブズの流儀』など。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

サイマル・アカデミー ウェブサイト

Facebook更新中!

Facebook_2.jpg

サイマル翻訳ブログ

サイマル・インターナショナル翻訳部が翻訳にまつわる裏話やお役立ち情報を更新中です!ブログはこちらから

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM